伊波 洋一

いは よういち

参議院
2022改選
沖縄

同性婚

  • 賛成
  • どちらかと言えば賛成
  • どちらとも言えない
  • どちらかと言えば反対
  • 反対

※ご意見の調査方法について

賛同メッセージ

■受領または公開日:2022/04/22
第4回 マリフォー国会への連帯のご挨拶
「Marriage For All Japan-結婚の自由をすべての人に」の皆様の日ごろの活動に心から敬意を表しますとともに、第4回マリフォー開催を心からお喜び申し上げます。
同性婚に賛成する人は若い人を中心に多いですが、反対する声は根強く、法制度化に向けた議論には至っていません。各自治体によるパートナーシップ制度を創設する動きが拡大しており、救済策として注目を集めています。ただ、法的な保障はない上に、地域により制度の格差が生じていて、当事者は心理的・法的な不利益を被っている現状に変わりはありません。これは、人権問題であり、憲法が規定している法の下の平等を保障していると言えないのではないでしょうか。
国連がSDGs(持続可能な開発目標)を掲げ、わが国でも達成に向けた取り組みが始まっていますが、ジェンダーや社会福祉の平等も、目標達成からほど遠い状況です。実際に、昨年5月時点で同性婚を容認する国や地域は29にのぼっていますが、先進7か国で同性カップルを法的に認めていないのは日本だけで、世界的に見ても遅れています。
少数者や弱者の声に耳を傾けるのが、国会の役割です。沖縄の風としても、誰もが安全で安心して暮らせる社会の実現のため力を尽くす所存です。
本日の大会が成果を上げられますことを祈念し、連帯のご挨拶といたします。

この人は

マリフォー国会出席 第4回

Action 呼びかけよう

呼びかけ文の見本 ▼

呼びかけの例